鼻ニキビの原因

ニキビに悩みを抱えている人は多いですが、中でも鼻ニキビは厄介です。
見た目にも、これより目立つ場所がないのが鼻の頭。なぜわざわざ鼻の頭に。。。

 

他の場所なら、どうにか化粧でごまかせますが、鼻は隠しにくい場所ですよね。
また腫れると痛いし、なかなか治らないのが鼻ニキビです。

 

実はニキビには最適な環境

顔の中でも、皮脂腺が多く分泌量が多いのがTゾーンと呼ばれている、おでこから鼻筋にかけた部位になります。また鼻の毛穴は大きく、奥が深いこともあり、皮脂が溜まりやすい部位であり、ニキビができやすい部位なのです。

 

鼻は顔の前面に立っているため、細菌の付いた手で触れてしまったり、紫外線を一番に浴び、日々の化粧で油分の多いファンデーションが塗られこともあるでしょう。また、ストレスが多い不規則な生活を送ることで肌のターンオーバーが乱れ、角質の入れ替わりが起きずに皮脂がより溜まり易くなります。
つまり、ニキビにとっては最高の環境が鼻になります。

鼻ニキビの対策

生活習慣の改善

鼻の皮脂量が多く分泌される原因はホルモンバランスの乱れといわれています。十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事、規則正しい生活を送ることでホルモンバランスは改善されていきます。

 

正しい洗顔

 

肌をこすり過ぎず、洗顔フォームのたっぷりの泡を転がすように洗顔し、毛穴の奥に詰まった汚れや脂分を落とすように洗い流します。普通の洗顔料では、細い毛穴の奥まで入り込むことができないので、毛穴の大きさよりも細かい粒子レベルのニキビ専用洗顔料がオススメです。

 

また、鼻ニキビの原因が、毛穴から溢れた皮脂の過度な分泌なので、この皮脂を取り除いてしまえば、ニキビ予防につながる!?と思われがちですが、皮脂にもちゃんとした役目(角質層の水分蒸発を防ぎ乾燥を防ぐ保護膜)があり、必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、逆に皮脂の分泌が活発化されるばかりではなく、新たな肌トラブルを誘発してしまいます。

 

>>>当サイト推奨のニキビ用洗顔フォーム

 

 

十分な保湿

引用元:スキンケア大学

 

正しいニキビケアには潤いが必要です。角質層の水分が不足してくると、古くなった角質は固くなり、毛穴が徐々に細くなってきます。毛穴が細く弱くなってくると少しの皮脂でも毛穴の詰まり、ニキビの原因となるのです。
ただし、保湿するためといって、油性の高いクリームなどを繰り返し塗ると、自力で皮脂膜を作る力を失ってしまうだけでなく、皮脂膜を傷つけ角質層まで弱めてしまう可能性もあります。一時しのぎの対策ではなく、ニキビケアのために考えられた化粧品・クリームを使うことが大切です。

 

■鼻ニキビ専用の化粧品クリーム
鼻ニキビケアに重点を置いて考えられた人気の化粧品クリームをランキング形式で紹介します。
必要な分だけ皮脂を残し、しっかり毛穴の詰まりと汚れを落とす洗顔料、お肌のターンオーバーを整え、十分な保湿と正しい角質サイクルをサポートしてくれます。毎日のスキンケアに役立ててくださいね。

鼻ニキビ用クリーム化粧品ランキング

ルナメアAC
繰り返す大人ニキビ、鼻やフェイスラインに出来たニキビや生理前の嫌なニキビに対し、脱水状態にある毛穴が大きな原因であることを富士フィルムが研究し、ルナメアACは毛穴の水分量をコントロールすることでニキビを改善してくれます。

また、富士フィルムが独自に開発した成分「アクネシューター」により、ニキビ有効成分と潤いを毛穴から奥深くへ浸透させます。
肌に優しい植物由来成分で肌がピリピリすることもなく、ニキビを根本から治癒出来るのがルナメアACです。特に目立つ鼻ニキビなどはしっかりケアしたいもの、今までのニキビケアで期待した効果を感じられなかった人は、ルナメアACは試してみる価値はあるでしょう。高い効果を実感出来るはずです。

 

 

 

価格 容量 評価

1,000円
(お試し14回キット)

 洗顔料:15g

 化粧水:30ml
 ジェルクリーム:12g

鼻,ニキビ,治し方

ビーグレン
知る人ぞ知るビーグレンはかなり有名なニキビケアのスキンケア商品で、鼻ニキビで困っている人もビーグレンを使っている人は多く、男性女性ともに人気のブランドです。

クレイ洗顔によって毛穴の奥までしっかり洗浄し、浸透テクノロジーによって角質層の奥まで有効成分を届けてくれます。角質や毛穴に働きかけ、肌本来の自力で水分を作りだす力をサポートします。洗顔料や美容液、ゲルクリームなどでしっかり肌を正常化するので、ニキビ肌、オイリー肌にはかなり有効であると評判です。
この価格でありながら、充実した電話サポート、365日の返金保証が付いているので、安心して試すことが出来るのも魅力です。

 

 

 

価格 容量 評価

1,620円
(7日分)

クレイウォッシュ(洗顔料):15g

クレイローション(化粧水):20ml
美容液(Cセラム):5mL
モイスチャーゲルクリーム:7g

鼻,ニキビ,治し方

ノブACアクティブ
@コスメでトライアルセット第1位にもなったことがあるノブACアクティブは、美白と同時にニキビケアが出来ると評判です。臨床皮膚医学に基づいた本格的なニキビケア商品で、保湿成分もピーリングも、鼻ニキビ肌ケアも出来るというアイテム。

 

乾燥しがちな肌に潤いを届け、毛穴を詰まりにくくすることでニキビを抑え、同時に美白成分をしっかり浸透させることが可能です。また有効成分ビタミンCによって美白ケアが出来るので、鼻ニキビ肌が治った後も美白ケアアイテムとして続けることが出来ます。トライアルセットで一通りのラインを一度に使用できるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

価格 容量 評価

1,500円
(7日分)

メイク落とし:20ml

洗顔料:15g
化粧水:20ml
乳液:6ml

鼻,ニキビ,治し方

ラミューテ
女性ホルモンのバランスを考え、大人のニキビ対策・肌荒れ対策に開発されたのがラ・ミューテの製品です。

出来ると恥ずかしい鼻ニキビに高い効果を発揮してくれるパワーはまさに製薬会社と共同開発したからこそ。プロのこだわりで作り出されたラ・ミューテは、多くのメディアでも紹介されています。

 

原料は天然のものを使い、独自の美肌サイクルによって肌の内側から潤いを与えるように作用します。さらにパラベンや鉱物油、アルコールや界面活性剤、着色料がフリーという無添加素材も嬉しいところです。大人ニキビに対し根本からあなたの肌を守ります。

 

 

 

価格 容量 評価

8,550円

洗顔フォーム120g

化粧水:100ml
美容液:30g(約2ヶ月分)

鼻,ニキビ,治し方

ルナメアACが1位の理由

富士フィルム独自の解析技術により、大人ニキビの原因が脱水毛穴状態にあることを突き止め、ニキビの大敵と言われた皮脂と同じ有効成分である油を活用することで、これまにない潤いとニキビ有効成分をニキビへ届けることができます。これまでのニキビケア商品にない新発想の商品であり、鼻ニキビにも高い効果を期待できます。販売実績本数と高い口コミ評価はその実力を証明しています。

 

絶対NG!これはやってはいけない!

多くの人がやってしまっている「絶対NG!」という行動を紹介します。

■手で触らない
鼻のニキビは気になる場所にあるので、どうしても触ってしまうんです。ニキビの原因の1つに雑菌がありますが、どんなに手を綺麗に洗っても、手はいろいろな箇所に触れるので雑菌でいっぱいです。なかなか治らない人の多くは、無意識のうちに手で触ってる人が少なくありません。

 

■化粧でごまかす
鼻ニキビは最も目立つ場所にあるので、化粧を厚くしごまかそうとする人は多いですが、ニキビ治療中だけでも我慢が必要です。化粧品は化学物質などが含まれているので、ニキビが悪化する可能性が高いです。
接客業などで、どうしてもニキビを隠したい場合は、フェイスパウダーや油分の少ないパウダリーなどを薄めにつけ、刺激を極力少なくしましょう。

 

■毛穴パックの多用
毛穴の角質を除去できる毛穴パックですが、ニキビには刺激が強すぎなのでNGです。やり過ぎは毛穴が広がるだけですし、赤くなることもあるので注意が必要です。

ニキビケアに効果がある成分

ニキビケアに効果があるとされる成分にはどんなものがあるのでしょうか?特にセルフケアでニキビをケアしたいと思っている人は、しっかりその成分を覚えておきたいものです。

 

ニキビケアに最適な成分とは

ニキビケアに効果がある成分は様々ありますが、まず一般的に用いられているものとしてサリチル酸というものがあります。角質を除去する働きを持っていますから、軽いピーリング効果があります。角質が厚くなって出来たニキビに効果的ですし、ピーリング作用によって肌もつるつるになりますので、この成分が配合された洗顔料などを使うことでニキビケアをすることが出来ます。
温泉で有名なイオウという成分も、ニキビケアに役立ってくれます。天然のピーリング効果があり、角質を柔軟化してくれます。このイオウは洗顔料やニキビ専用ジェルなどに含まれていることが多く、それらを使うことでニキビケアが可能となります。

本格的な成分として

ビタミンC誘導体というものは美に意識的な女性にはすぐに反応出来る成分ですが、ニキビに効果的なだけでなく、肌くすみや肌荒れなど、肌トラブル全般に効果を期待することが出来ます。濃度の濃いもののほうが効果が強く、しかし刺激もありますから、敏感肌の女性は使わないほうが良いかもしれませんね。
また最近注目のフラーレンという成分はビタミンCのなんと125倍の抗酸化作用を持っていると言われています。美白、毛穴の引き締めやエイジングケアに用いられています。

 

ハーブなども有効です

ハーブなどもニキビに効果があると言われており、代表的なもので言えばティーツリーオイルなどがあげられます。抗菌作用、抗炎症作用を持っているので、古くから肌トラブルに使われてきたようです。またマンサクと呼ばれる物質は抗酸化成分をたっぷり含んだもので、皮脂分泌をコントロールしてくれますからニキビの炎症を抑えることが可能となっています。
また天然のクレイで余分な皮脂を落としたり、先端量を酵素配合のものに変えてみたり、ニキビをセルフケアするために覚えておきたい成分はたくさんあります。

 

化粧品のコーナーに行けばスタッフがニキビケア用品を勧めてくれますから、実際に試してから購入を決めたほうが良いでしょう。

ニキビケアできるサプリメント

ニキビに悩んでいる人は、色々な手段を試したかと思われます。食事や運動、睡眠時間など。。。しかし手段を試す暇がないという人もいますから、そんな人はサプリメントでニキビを予防することが出来ます。

サプリと薬の違いとは

まずサプリメントと医薬品の違いを知っておきましょう。サプリメントは健康食品として扱われており、医薬品は医薬品、医薬部外品とされています。サプリメントはドラッグストアや薬局で取り扱われていますが、内服薬などは皮膚科で処方、もしくは処方箋がある場合は薬局で手に入れることが出来ます。効果が高いところで言えば処方箋の薬ですが、じっくり治したい人で、手ごろに続けやすいものを探している人はサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

ニキビにはビタミンのサプリメントが良い

ニキビに効果があるサプリメントは大方ビタミン類のサプリメントとなります。特に摂取したいのがビタミンB2、ビタミンB6、イソフラボンなどです。食生活の乱れからくるニキビを予防することが出来るんです。特に栄養不足で起こる口周りのニキビ、頬ニキビには効果があると言われています。
しかし健康食品であるからといってたくさん摂取してよいわけではありませんし、即効性もありません。サプリメントは毎日続けて飲むことによって効果を出しますから、肌サイクルの28日単位で考えておくと良いですね。

それぞれのビタミンの役割

ビタミンB2は代謝の欠かせないビタミンとして知られています。皮膚を健康に保つために必須のビタミンで、肌荒れ、ニキビ、口内炎予防に役立ちます。
代謝をアップしてくれることから、ビタミンB2を摂取して運動をするとダイエットにも効果があると言われています。
またビタミンB5については肌のターンオーバーをサポートする働きを持っていますから、正常な肌を作り出すための細胞分裂を助けてくれるんです。美肌になるだけでなくニキビ予防にも役立ちますから、サプリメントを選ぶ際の基準としておきましょう。

 

最低でも1か月続けること

イソフラボンは豆腐や豆乳からでも摂取出来ますので、サプリメントで摂取する場合は過剰摂取に注意をしましょう。そしてサプリメントでニキビをケアするのであれば、最低1か月は続ける必要があります。普段の食生活が充実しているのであればサプリメントは不要ですが、手軽に栄養を摂取するならサプリメントはオススメです。

 

今では様々なビタミンサプリが販売されており、インターネットでも限定通販で色々なサプリメントが取り扱われています。1か月しっかり飲んでも何も変化が起きず、まだニキビがどんどん出来るとなれば、サプリメント以外の要因として、洗顔や肌の乾燥などの外的要因が考えられますので、まずは1か月試してみましょう。

ホルモンバランスを整え鼻ニキビ改善

女性は何かとホルモンバランスを崩しがちです。特に生理前になると何らかの体調のバランスも崩すという人が大勢います。特に生理痛が辛いという人に共通するのが冷え性というものです。下半身が冷えると痛みの原因のホルモンが異常な分泌を起こしますから、体の冷えを改善する必要があります。そんなホルモンバランスですが、ニキビとはどのような関係があるのか見てみましょう。

 

ホルモンバランスとニキビの関係

ホルモンバランスが乱れると過剰な皮脂分泌やターンオーバーを乱す原因となっています。大人ニキビはホルモンバランスが崩れて起こると言われていますから、特に顎や口周りなどにニキビがしょっちゅう出来るという人はホルモンバランスが乱れている証拠となります。ストレスによって男性ホルモンが優位になっており、皮脂過剰になってしまっていると言えますね。

ホルモンバランスを整えましょう

ホルモンバランスを整えると、ニキビは出来にくくなりますから、まずはホルモンバランスの乱れを治しましょう。そのためにまず行いたいのが食生活を整えることです。甘いもの、脂っこいものは控えるようにしたほうが良いですね。
それほど食べていないという人は冷え性が関係しています。肌にビタミンCが良いと言われていますが、生野菜は体を冷やしますから、和食中心のメニューでたっぷりビタミンを摂取し、生野菜は出来るだけ温野菜として摂るようにしましょう。また大豆イソフラボンを積極的に摂り、女性ホルモンを分泌させましょう。大豆製品に含まれていますから、豆腐をはじめ、豆乳や納豆などイソフラボンを摂ることが出来ます。
適度な運動はストレス発散になりますから、ホルモンバランスを整えるためにも最適と言えます。腹式呼吸で深呼吸することでリラックス感を高めることも出来ます。自律神経に働きかけて、快楽ホルモンを脳内で分泌させ、血流もよくなりますから、オススメです。

 

女性ホルモンを整えることが大切です

適度な運動、ウォーキングなどを習慣にするとなおベストですが、女性ホルモンの乱れを起こさない生活を送ることによってニキビが出来にくくなります。もちろん普段のスキンケアもニキビに対してのアイテムを使用するのはよいことです。今ではさっぱり系だけでなく、しっとりした肌のことを考えたニキビケア用のスキンケアアイテムがありますから、それも同時に検討しつつ、ホルモンバランスを整えていきましょう。

鼻ニキビの皮膚科での治療について

鼻ニキビに悩まされる人は男女問わずいらっしゃいますが、特に鼻にばかりニキビが出来るという体質の人もいるようです。そんな人は毛穴が深かったり皮脂や汚れが毛穴に溜まりやすかったりするのですが、皮膚科での治療はどのような対処法があるのでしょうか?

ケミカルピーリング

鼻ニキビを皮膚科で治療する場合、ケミカルピーリングが第一に挙がります。薬剤によって鼻の古い角質を取り除いて、キレイな毛穴にしてくれます。続けることで鼻ニキビをなくすことが出来ます。またピーリング剤は酸によって出来ていますから、アクネ菌を抑制し、炎症を抑える効果を見ることが出来ます。

 

ビタミンCイオン導入

ビタミンCのイオン導入も皮膚科で摂り入れられていますが、抗酸化作用があるビタミンCによって鼻の黒ずみに対して効果があると言われています。

 

薬の処方

また鼻ニキビを薬で治癒することも出来ます。処方箋をもらって薬をもらうのですが、レチノイドという有効成分の入ったクリームを塗ったり、イオウを主成分としたもので毛穴に詰まった角質を取り除くことが出来ます。抗菌剤として服用するものと塗布するものとがありますが、いくつか症状によって使い分けられるようです。

 

このように皮膚科での鼻ニキビの治療は色々とありますから、保険適応外の治療が多いのが現状です。そうなると費用が高くなることになるのと、鼻ニキビは継続的に治療していく必要がるので、通院する時間や手間が出てきます。まずは自宅でできる処方をし、どうしても改善がみられない場合に皮膚科での治療を検討するのもいいかもしれませんね。